今日のニュース

気になったニュース

サニブラウンは7位 世界陸上男子200決勝

f:id:obaco:20170811142435j:image

男子200メートル決勝のレース後、悔しい表情を見せるサニブラウン池田良撮影

 陸上の世界選手権第7日は10日、ロンドンスタジアムで行われ、18歳5カ月の史上最年少で男子200メートル決勝に挑んだ日本のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)は、20秒63(向かい風0・1メートル)で7位だった。2003年パリ大会銅の末続慎吾以来となる日本勢14年ぶり、史上2人目のメダル獲得はならなかった。サニブラウンは今大会日本勢の入賞第1号。

 ラミル・グリエフ(トルコ)が20秒09で優勝した。400メートル覇者のウェード・ファンニーケルク(南アフリカ)は、20秒11で2位だった。

 サニブラウンはレース後、「ラスト100メートルで(痛めている)ハムストリングが気になった。すべての力を出し切っていないなかでここまで来たので、今後のいい自信になった」と話した。

 女子5000メートル予選では、鍋島莉菜(日本郵政グループ)が自己最高の15分11秒83をマークしたが、2組9着で決勝進出ならず。1組の鈴木亜由子日本郵政グループ)も積極的なレースが実らず、15分24秒86の14着で落選した。

2017年8月11日06時11分    朝日新聞デジタル