今日のニュース

気になったニュース

岡山・水島港でもヒアリ200匹、女王も2匹

f:id:obaco:20170809215645j:image

水島港で発見されたヒアリの女王アリ(環境省提供)

 環境省岡山県は9日、南米原産で強い毒を持つヒアリ約200匹が、同県倉敷市の水島港国際コンテナターミナルで見つかったと発表した。

 女王アリ2匹を含む。発見は8都府県・12か所目で、中四国地方では初めて。

 県が5、6日に実施した生息調査で、コンテナ周辺に設置した捕獲用のトラップなどからアリを発見し、殺虫処理。9日に専門家の鑑定でヒアリと確認された。被害報告はないという。

 同港は、中国などからの貨物船の定期航路がある。県と環境省は調査範囲を広げて監視を続ける。

2017年08月09日 20時51分    Copyright © The Yomiuri Shimbun