今日のニュース

気になったニュース

台風5号、6日昼ごろ九州南部接近 影響長引く見込み

f:id:obaco:20170806100147j:image

黄円は風速15m/s以上の強風域、赤円は風速25m/s以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域

 強い台風5号は6日、鹿児島県の一部を暴風域に巻き込みながら北寄りに進んだ。昼ごろに九州南部にかなり接近し、上陸する恐れがある。その後、四国や近畿を縦断した後、日本海へ抜けるとみられる。動きが遅く、影響は長く続く見込みで、気象庁は西日本を中心に暴風や高波、大雨による土砂災害、河川の氾濫などに厳重な警戒を呼び掛けた。
 気象庁によると、鹿児島県の宝島で6日、1時間に61.0ミリの非常に激しい雨が降った。奄美市では48時間に600ミリ以上の雨量を観測し、8月の最多記録を更新。中種子町では最大瞬間風速34.5メートルを観測した。

 7日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州南部と四国600ミリ、九州北部500ミリ、奄美と近畿200ミリ、東海150ミリ。

 7日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州南部・奄美35メートル(50メートル)、九州北部30メートル(45メートル)、四国や中国地方、近畿25メートル(35メートル)、東海22メートル(35メートル)。波の高さは7~8メートルで、高潮による浸水にも注意が必要。

 台風5号は6日午前6時現在、鹿児島県屋久島付近をゆっくりとした速さで北東へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル、中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。〔共同〕

2017/8/6 8:32    日経新聞