今日のニュース

気になったニュース

72回目の原爆忌、広島で犠牲者悼み平和願う

f:id:obaco:20170806095235j:image

原爆投下から72年を迎え、原爆死没者慰霊碑の前で冥福を祈る人たち(6日午前7時6分、広島市中区平和記念公園で)=横山就平撮影

 被爆地・広島は6日、72回目の原爆忌を迎えた。

 広島市中区平和記念公園では平和記念式典(原爆死没者慰霊式・平和祈念式)が行われ、被爆者や各都道府県の遺族代表、安倍首相、多くの市民らが犠牲者を悼み、世界の平和を願った。

 松井一実市長は平和宣言で、今年7月に国連で採択された核兵器禁止条約に言及し、「各国政府は、『核兵器のない世界』に向けた取り組みを更に前進させなければなりません」と呼び掛けた。

 海外からは、過去3番目に多い80か国と欧州連合(EU)代表部の代表が参列した。核保有国では米英仏露などが参加。米国からはロバート・ラプソン駐日臨時代理大使が出席した。

2017年08月06日 08時37分    Copyright © The Yomiuri Shimbun