今日のニュース

気になったニュース

事故死の遺体、一部を廃棄=巡査がごみ集積所に放置-警視庁

 警視庁は4日、東京都豊島区の踏切で電車にはねられ死亡した80代女性の遺体の一部を、誤って廃棄したと発表した。目白署の20代の男性巡査がごみ集積所に放置したためで、同庁は「不適切な取り扱いだった」と遺族に謝罪した。

 交通捜査課によると、女性は7月26日午後、西武池袋線の急行電車にはねられて死亡。男性巡査は現場に散乱した肉片や骨片をポリ袋に入れて署に持ち帰ったが、保管は不要と思い、署敷地内にあるごみ集積所に放置した。
 同署幹部が27日午後、遺体を検視した際に一部がなくなっていることに気付いた。28日朝から捜したが、既にポリ袋は業者に回収されており、全部は見つからなかったという。
 同課は「職員の指導を徹底し、再発防止に努めたい」としている。

時事通信 (2017/08/04-12:37)

 

踏切事故の女性遺体、一部を誤廃棄 警視庁が謝罪

 警視庁は4日、東京都豊島区の踏切で7月に起きた死亡事故で、女性の遺体の一部を目白署員が誤って放置し、廃棄物として業者に収集されたと発表した。同署が捜索し、収集されたうちの一部は回収したという。警視庁は女性の親族に謝罪した。

 交通捜査課によると、7月26日午後2時20分ごろ、豊島区南長崎4丁目の西武池袋線の踏切で、近くに住む80代女性が電車にひかれて亡くなる事故があった。

 目白署は同日、女性の遺体の一部を現場で拾い集めて半透明のポリ袋にまとめた。しかし、午後5時半ごろ、20代の男性巡査が不要物と勘違いして、この袋を署内にある廃棄物集積所の前に誤って放置したという。

 翌27日、放置された袋を業者がごみとして収集。署で同日午後に女性の遺体の検視を始めた際、ポリ袋が見あたらないことから誤廃棄が発覚した。28日朝から署員が収集車両置き場を捜索し、誤廃棄された一部を発見した。

 勝見忠法課長は「ご遺体の不適切な取り扱いで、再発防止に努める」としている。

2017年8月4日11時44分    朝日新聞デジタル