今日のニュース

気になったニュース

中国の人工知能、共産党批判し停止 「腐敗して無能」

f:id:obaco:20170803202534j:image

閉鎖されたベビーQ(左)とQQ小冰のアイコン

 中国IT大手騰訊(テンセント)のソーシャルサービス「QQ」上で利用者と交流する人工知能(AI)キャラクター「ベビーQ」が、ユーザーからの質問に共産党批判で答えたことから7月末、話題となり、同社は急きょサービスを停止した。

 香港紙「明報」が2日、伝えた。

 ベビーQは、同社が開発したAIキャラクター。「チャットボット」と呼ばれ、利用者と対話を繰り返して学習し、軽妙な会話ができる。同紙によると、ユーザーが「共産党万歳」と書き込むと、ベビーQは「こんなに腐敗して無能な政治のために万歳できるのか」と返答。習近平(シーチンピン)国家主席が掲げる政治スローガン「中国夢」について「あなたの中国夢は何?」と尋ねると、「私の中国夢は米国への移民」と答えた。

 「AIが蜂起した」「チャットボットが国を転覆しようとしている」などとネット上で大きな話題になり、同社はサービスを停止したという。

 同様のサービスを提供していたマイクロソフト系のAI「QQ小冰(シアオピン)」も3日現在、使えなくなっている。

 米国では2016年にAIキャラクターの「Tay」が人種差別的な発言をし、サービス開始直後に閉鎖されたことがあった。(北京=福田直之)

2017年8月3日18時45分    朝日新聞デジタル