今日のニュース

気になったニュース

空自と米空軍が共同訓練…北のICBM発射受け

f:id:obaco:20170730224558j:image

30日、九州西方から朝鮮半島沖にかけて共同訓練を行った航空自衛隊のF2戦闘機(下)と米空軍のB1戦略爆撃機(空自提供)

 航空自衛隊のF2戦闘機2機と米空軍のB1戦略爆撃機2機が30日、九州西方から朝鮮半島沖にかけた空域で共同訓練を行った。

 岸田外相兼防衛相が同日、防衛省内で記者団に明らかにした。北朝鮮による28日の大陸間弾道ミサイルICBM)発射を受け、日米同盟の結束を示す狙いがある。

 韓国軍は30日、B1が韓国空軍のF15戦闘機4機とも合同演習を行ったと発表した。発表によると、B1は30日に米領グアムのアンダーセン空軍基地を飛び立った後、空自の戦闘機2機と合流して訓練を実施。さらに朝鮮半島へ向かい、韓国軍機と演習を行った。

 空自は一連の訓練について「日米韓3か国の強固で緊密な連携の一環だ」と説明した。岸田氏は日米共同訓練の意義に関し、記者団に「日米同盟全体の抑止力、対処力をいっそう強化し、地域の安定化に向けた意思と高い能力を示すものだ」と語った。

2017年07月30日 20時15分    Copyright © The Yomiuri Shimbun