今日のニュース

気になったニュース

東京・墨田区の公園で70歳男性死亡 殺人で捜査

f:id:obaco:20170728204703j:image

男性の遺体が発見された現場で鑑識活動をする捜査員ら=28日午前、東京都墨田区の都立横網町公園

 28日朝早く、東京・墨田区の公園で、70歳の男性が頭から血を流して死亡しているのが見つかり、警視庁は頭に鈍器のようなもので殴られた痕があったことから、殺人事件として捜査しています。
28日午前5時ごろ、東京・墨田区の「都立横網町公園」で、男性が倒れているのを通勤途中の女性が見つけ、110番通報しました。

警察官が駆けつけたところ、男性は頭から血を流してすでに死亡していて、警視庁は頭に鈍器のようなもので殴られた痕が複数あったことから、殺人事件として捜査しています。

これまでの調べで、死亡したのは住所と職業がいずれも不詳の柳原英二さん(70)で、近くには柳原さんのものとみられる自転車や生活用品があったということです。

また、工事現場などで使用するコンクリート製の土台がついた保安灯も置いてあり、コンクリートの部分には血痕のようなものが付着していたということです。この保安灯は高さがおよそ90センチ、重さが5キロ余りだということで、警視庁は、柳原さんが保安灯で殴られた疑いがあるとみて調べるとともに、周辺で不審な人物が目撃されていないか捜査を進めています。

7月28日 18時21分    NHKニュース

 

 

公園で血流し男性死亡=殺人容疑で捜査-警視庁

 28日午前5時5分ごろ、東京都墨田区横網の都立横網町公園で「男性が倒れている」と、出勤中の女性から110番があった。警視庁本所署員が駆け付けると、高齢の男性がベンチの横で頭から血を流して倒れており、その場で死亡が確認された。同庁は男性が何者かに殴られて死亡したとみて、殺人事件と断定し捜査を始めた。
 同庁捜査1課によると、死亡したのは住所・職業不詳の柳原英二さん(70)。頭頂部と額に鈍器で殴られたような痕があった。土台のコンクリート部分に血のようなものが付着した保安灯が近くにあり、凶器とみて調べている。
 保安灯は高さ約90センチ、重さ約5.3キロで、公園入り口付近の資材置き場の周りにあったものとみられる。
 柳原さんは白色のワイシャツとベージュ色のズボン姿で、硬貨の入った財布も持っていたという。ベンチの脇には家財道具がくくり付けられた自転車があり、ホームレス生活をしていたとみられる。

時事通信  (2017/07/28-16:58)