今日のニュース

気になったニュース

LINE、今度は料理宅配 生鮮や日用品も視野

f:id:obaco:20170726184637j:image

LINEのアプリで1万4000店舗の商品を検索・注文できる(左から吉野家の河村社長、LINEの出澤社長、夢の街創造委員会の中村社長)

 LINEは26日、同社のアプリ内でデリバリー用に飲食店の商品を注文できるサービスを始めたと発表した。宅配サイト「出前館」と連携し、飲食店の商品をアプリ内で検索・注文できるようにした。高齢化や共働き世帯が増えるに伴って拡大している食事の宅配需要を取り込む。
 食事の宅配サービス「LINEデリマ」を始めた。対象店舗は出前館に加盟している吉野家ピザハットなど飲食店を中心とした全国の加盟店舗1万4000店。

 LINEのアプリ内から宅配してほしい商品を商品カテゴリーや店舗別に検索し、注文できるようにする。同サービスの公式アカウント上で、注文したい食事のカテゴリーを打ち込むなど、チャット上でも商品を検索できるようにする。

 商品の配送は出前館の加盟店舗が担う。配送体制を持たない店舗は「出前館」を運営している夢の街創造委員会の、新聞販売店などと連携して配送を行う「シェアリングデリバリー」を利用するなどして対応するという。

 LINEの出沢剛社長は都内で開いた会見で、「食事のデリバリーの市場規模は4000億円と前年比で10%増と大きく伸びている。LINEで簡単に注文ができるようにすることでさらに市場が拡大するだろう」と意気込みを語った。今後は外食だけでなく、生鮮食品や日用品、医薬品なども取り扱うことも検討しているという。

 LINEは昨年10月、夢の街創造委員会に出資した。LINEを通じて商品を注文できる「出前館 on LINE」を展開してきたが、店舗名で検索したり、チャット上で検索できるようにしたりするなど検索機能を充実させた新サービスに切り替えた。(毛芝雄己)

2017/7/26 16:45    日経新聞