今日のニュース

気になったニュース

忙しい夏、ウナギで乗り切る…土用の丑の日

f:id:obaco:20170725123054j:image

土用の丑の日」に次々と焼かれるウナギ(25日午前、東京都台東区で)=菅野靖撮影

 25日はウナギが最も食べられる「土用の丑うしの日」。

 各地のウナギ料理店には、昼前から客が詰めかけた。

 東京・浅草の「浅草うな鐵てつ東武浅草駅前本店」は、通常より4割多い300食分を用意した。人気のうな重(松)は税込み3070円。今季はウナギの稚魚漁が順調で、卸売価格は昨夏より1割下がったが、同店は仕入れ値が高い時期も値上げをしてこなかったため、価格は据え置いている。

 同店の小野義哲店長(36)は「きょうは店員のまかないもかば焼き。ウナギで忙しい夏を乗り切りたい」と話した。

2017年07月25日 12時16分    Copyright © The Yomiuri Shimbun