今日のニュース

気になったニュース

英国で乳児が尊厳死へ…両親が法廷闘争を断念

 【ロンドン=角谷志保美】英国で先天性の難病で生命維持装置に頼る乳児(生後11か月)に、米国で実験的治療を受けさせるよう求めてきた両親は24日、法廷闘争を断念し、病院が主張してきた尊厳死を受け入れることを表明した。

 親が望まぬ子供の尊厳死が司法の場で争われ、世界的に注目を集めていた。

 乳児はロンドンのチャーリー・ガードちゃん。「ミトコンドリアDNA枯渇症候群」という難病で、自ら呼吸することもできない。

 両親は米国での実験的治療に望みを託そうとしたが、病院側は「脳の損傷は回復不能だ」として今年3月、生命維持装置を外す許可を高等法院に求めた。同法院は「尊厳ある死を認めることがチャーリーちゃんのためだ」として病院側の判断を支持し、国外移送を禁じた。両親は最高裁欧州人権裁判所にも訴えたが、いずれも敗訴した。
2017年07月25日 11時42分    Copyright © The Yomiuri Shimbun