今日のニュース

気になったニュース

脳の「掃除細胞」作製…アルツハイマー治療に光

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、脳内の不要物を取り除く免疫細胞を作製することに成功したと、京都薬科大とシンガポール科学技術研究庁などのチームが発表した。

 アルツハイマー病などの治療に役立つ可能性があるという。

 この免疫細胞は、脳内の「掃除細胞」として知られるミクログリアアルツハイマー病の原因とされる「アミロイドβベータ」などの異常たんぱく質を食べ、発症や進行を抑える働きがあると考えられている。

 同大の高田和幸准教授(病態生理学)らは、人のiPS細胞から、ミクログリアのもとになる免疫細胞と、神経細胞の2種類を作製。これらの細胞を混ぜて培養するとミクログリアに変化し、試験管内でアミロイドβを食べることも確認した。論文は米科学誌電子版に掲載された。
2017年07月23日 09時13分    Copyright © The Yomiuri Shimbun