今日のニュース

気になったニュース

「溶けないアイス」和菓子店で人気 もちもち…原料は?

f:id:obaco:20170723124231j:image

イチゴや梅、マンゴー、ミカン、桃、栗こしあんなど色とりどりの葛アイス=和歌山市七番丁

 暑さ厳しい今日このごろ、「溶けないアイス」でひと休みしませんか――。和歌山市役所の西隣にある和菓子店「紫香庵(しこうあん)」で、くず粉を使ったアイスキャンディーが売れている。

 2002年創業の同店が、昨夏から売り出している人気商品。「和風のアイスをつくりたい」と考えた代表の須賀良知さん(53)が開発した。

 ミカンや桃、栗こしあんなど8種が定番の味で、果汁などをくず粉で固めて凍らせる。くず餅のように固めるため、時間が経っても水滴がしたたり落ちにくく、もちもちとした食感が楽しめる。

 店では「葛(くず)アイス」と名づけているが、いつからか客から「溶けないアイス」と呼ばれるようになった。リピーターも多く、「この食材でアイスをつくってほしい」とお願いされることもしばしば。依頼に応えて同店は、これまでじゃばらやショウガなど約30種の季節限定商品もつくった。

 須賀さんは「このアイスなら子どもたちも、溶けるから早く食べなさいとせかされることなく食べられる。一度食べたらリピーターになりますよ」と話している。アイスは税込み各180円。紫香庵(073・426・3250)へ。(杢田光)

2017年7月23日07時44分    朝日新聞デジタル