今日のニュース

気になったニュース

秋田で記録的大雨、雄物川が氾濫し浸水も

f:id:obaco:20170723211451j:image

 記録的豪雨で雄物川が氾濫し、浸水した秋田県大仙市内(23日午後5時11分、読売機から)=鷹見安浩撮影

 東北地方北部は23日、停滞した前線に湿った空気が流れ込んだ影響で、秋田県を中心に記録的な大雨に見舞われ、同県では平年の7月1か月分の降水量を超えた。

 県によると、県南を流れる雄物おもの川が5か所で氾濫し、大仙市など17市町の住宅319棟が浸水。4市町の9377世帯2万4896人に避難指示が出た。秋田新幹線は盛岡―秋田間で終日運転を見合わせた。

 気象庁によると、22日の降り始めから23日午後4時までの雨量は、秋田市で348・5ミリに達したほか、同県横手市314・5ミリ、同県仙北市300ミリ、岩手県雫石町222ミリを観測した。

 24日も前線が停滞する北陸や東北では大雨のおそれがある。同日午後6時までに予想される24時間雨量は多いところで北陸180ミリ、東北120ミリ。同庁は、土砂災害や河川の氾濫に警戒するよう呼びかけている。

2017年07月23日 20時42分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

秋田で記録的大雨、秋田新幹線は運転見合わせ

f:id:obaco:20170723122707j:image

大雨の影響で増水した玉川(23日午前7時37分、秋田県大仙市で)=関口寛人撮影

 秋田県を中心に東北は、前線に湿った空気が流れ込んだ影響で大雨が降っている。

 JR東日本によると、大雨の影響で、秋田新幹線は23日午前中、盛岡-秋田駅間で12本の運転を見合わせる。午後も影響が続くことが見込まれている。

 気象庁によると、秋田県内の23日朝までの24時間降水量は、秋田市で342ミリ、横手市で284ミリ、仙北市で275ミリと、いずれも観測史上最高を記録した。大気の非常に不安定な状態は23日も続き、24日午前6時までに予想される24時間降水量は東北で160ミリ、北陸で150ミリとなっている。

2017年07月23日 09時17分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

東北北部で激しい雨…秋田で国道崩落、住宅浸水

f:id:obaco:20170722231432j:image

大雨で土砂崩れが発生した現場(22日午後3時10分頃、秋田県五城目町で)

 東北北部は22日、前線に湿った空気が流れ込んだ影響で、大気の状態が不安定となり、非常に激しい雨が降った。

 前線は23日も東北地方に停滞するため、気象庁は河川の氾濫などへの注意を呼びかけている。

 同庁によると、22日の1時間雨量は秋田県大館市で午前8時27分までに78ミリ、秋田市でも午後1時37分までに73・5ミリに達した。同日夜には同県由利本荘市で1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が出された。

 秋田市の住宅1棟が床上浸水したほか、床下浸水は秋田県10市町で計29棟、青森県3市で計5棟確認された。秋田県五城目町の国道285号では2か所で斜面が崩落した。

 同庁によると、23日午後6時までに予想される24時間雨量は、多い所で、東北が180ミリ、北陸と関東甲信で100ミリ。

2017年07月23日 01時02分    Copyright © The Yomiuri Shimbun