今日のニュース

気になったニュース

iPS心筋、阪大が臨床申請…心臓病治療では初

f:id:obaco:20170721122440j:image

iPS細胞から作製した心筋細胞のシートを重い心不全患者に移植する臨床研究計画について発表する大阪大の澤教授(21日午前、大阪府吹田市で)=尾崎孝撮影

 大阪大の澤芳樹教授らのチームは21日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した心臓の筋肉(心筋)のシートで重い心臓病患者を治療する臨床研究を、学内の特定認定再生医療等委員会に申請したと発表した。

 同委員会と厚生労働相の承認を得た後、来年前半にも移植を始めたいとしている。iPS細胞を利用する心臓病治療の申請は初めて。

 申請は20日付。計画では、京都大が備蓄するiPS細胞の提供を受け、心筋細胞に変化させて直径数センチの円形シート(厚さ0・1ミリ)に加工。心筋梗塞こうそくなどが原因で心機能が低下した重症の虚血性心筋症患者の心臓に貼り付ける。移植後は1年間にわたって安全性や心機能の改善効果を調べる。

 同委員会は今後、安全確保に向けた体制や患者選定の方法などを審査。チームは同委員会の了承後に厚労省に計画を提出し、厚労相の承認を受け、18~75歳の患者3人に治療を始める。
2017年07月21日 11時58分    Copyright © The Yomiuri Shimbun