今日のニュース

気になったニュース

米、世界最大の闇サイト摘発 アルファベイ 違法薬物など販売 20万人超が利用

 【ワシントン=小雲規生】米司法省は20日、世界最大の闇サイト「アルファベイ」を欧州やアジアの司法当局と連携して摘発したと発表した。アルファベイでは摘発時、違法薬物や毒性のある化学物質の販売告知が25万件以上出ていたほか、偽造身分証明書、銃器なども販売されていた。4万人の売り手が参加し、20万人超の顧客が利用していたという。

 司法省は、サイトの創設者でカナダ人のアレクサンドル・カゼス容疑者(25)が居住先のタイで5日に逮捕されたことも公表。カゼス容疑者は拘留中の12日に自殺した。

 カゼス容疑者と妻がタイ、キプロスリヒテンシュタインなどで保有していた資産は押収された。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)はカゼス容疑者はランボルギーニなどの高級車10台、1800万ドル(約20億円)相当の金融資産を保有していたとしている。

 摘発にはタイ、オランダ、リトアニア、カナダ、英国、フランスの司法当局と欧州警察機関(ユーロポール)が協力した。オランダ当局は20日、別の闇サイト「ハンザ・マーケット」を摘発したと発表した。

 アルファベイなどの闇サイトは「ダークウェブ」と総称され、アクセス元の場所や端末を特定できないようにする匿名化ソフト「Tor(トーア)」などを使わないと閲覧できない。このため違法薬物などが扱われていても、販売者や購入者の特定は難しい。取引にはビットコインなどの仮想通貨が使われる。

7/21(金) 8:22    産経新聞