今日のニュース

気になったニュース

白鵬、日本へ帰化の意向…引退後親方になるため

f:id:obaco:20170720232254j:image

大相撲名古屋場所12日目に玉鷲を寄り切りで下し、魁皇が持つ歴代1位に並ぶ通算1047勝を挙げた横綱白鵬(20日、名古屋市中区の愛知県体育館で)=加藤学撮影

 大相撲の横綱白鵬(32)(本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋)が20日、愛知県体育館で開かれた名古屋場所12日目で関脇玉鷲を下し、序ノ口以来の通算勝ち星が元大関魁皇(現浅香山親方)の持つ歴代1位の1047勝と並んだ。

 白鵬は2001年春場所初土俵。翌夏場所序ノ口で1勝目を挙げた。白鵬は「けがで苦しんだ時期もあったが、それがあるからこそ今の大記録がある」と喜びを語った。

 また、白鵬が引退後に親方となるため、日本へ帰化する意向を持っていることが、関係者の話で分かった。日本相撲協会の規定で、年寄襲名には日本国籍取得が必要とされている。

2017年07月20日 22時05分    Copyright © The Yomiuri Shimbun