今日のニュース

気になったニュース

ウィンブルドン フェデラーが大会最多8回目の優勝

f:id:obaco:20170717180338j:image

テニスの四大大会、ウィンブルドン選手権は最終日の16日、男子シングルスの決勝が行われ、スイスのロジャー・フェデラー選手がクロアチアマリン・チリッチ選手にセットカウント3対0のストレートで勝ち、この種目で大会最多の8回目の優勝を果たしました。
男子シングルス決勝は、2年ぶりに勝ち上がった元世界王者で世界ランキング5位のフェデラー選手と、初めて決勝に進んだ世界6位のチリッチ選手が対戦しました。

フェデラー選手は、第1セットを6ー3、第2セットは6ー1、そして、第3セットも6ー4で取って、セットカウント3対0のストレートで勝ちました。

フェデラー選手は、今大会で1つもセットを落とすことなく、この種目で大会最多となる5年ぶり8回目の優勝を果たしました。

35歳のフェデラー選手は、プロ選手が参加できるようになった1968年のオープン化以降、男女を通じてのシングルスの最年長優勝となりました。

また、ツアー通算93勝目をマークし、四大大会ではこの種目の最多優勝回数をさらに伸ばして19勝としました。

7月17日 0時45分    NHKニュース