今日のニュース

気になったニュース

トランプ氏「何か起こるかも」…パリ協定再考も

f:id:obaco:20170714133135j:image

13日、パリの大統領府で、記者会見に臨み、握手するマクロン仏大統領(右)とトランプ米大統領=AP

 【パリ=作田総輝】トランプ米大統領マクロン仏大統領が13日、パリの大統領府で首脳会談を行い、米国が離脱を表明した地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」について、協議を継続する方針を確認した。

 マクロン氏はパリ協定の順守を訴え、トランプ氏に翻意を促しているが、両者の溝は埋まらなかった。

 マクロン氏は会談後の共同記者会見で、「トランプ氏の決定は尊重する」と米国の離脱方針に一定の理解を示しつつ、「私はパリ協定を強く支持する」と述べ、改めて立場の違いを鮮明にした。さらに、「私の望みは協議を続けることだ」とも語り、引き続き、トランプ氏の説得にあたる姿勢を示した。

 トランプ氏も協議には応じる考えを明らかにしたうえで、「パリ協定に関しては何かが起こるかもしれない」と話し、再考の可能性を示唆した。
2017年07月14日 11時19分    Copyright © The Yomiuri Shimbun