今日のニュース

気になったニュース

米の鉄鋼産業「中国などが破壊」…日欧も対象か

 【ワシントン=山本貴徳】トランプ米大統領は12日夜、鉄鋼製品のダンピング(不当廉売)に対抗するとして検討している輸入制限について、「高関税と輸入の割り当ての両方になるだろう」と述べた。

 「中国だけでなく各国が不当廉売を行っている」とも語った。中国、日本や欧州などを広く対象にすれば、米国発の貿易摩擦が世界経済の不安定要因になる恐れもある。

 トランプ氏は、ワシントンからパリに向かう大統領専用機内で記者団に語った。「鉄鋼製品のダンピングは大問題だ。中国やその他の国は何十年もダンピングし、米国の鉄鋼産業を破壊している。私は止める」と不満を漏らした。

 トランプ政権は、鉄鋼製品の輸入が米国の安全保障を脅かす恐れがあるとして、輸入制限を検討してきた。米軍の戦闘機や軍艦など、兵器の原材料に外国製品が使われることを懸念している。
2017年07月14日 11時42分    Copyright © The Yomiuri Shimbun