今日のニュース

気になったニュース

東京港で新たにヒアリ100匹…卵や幼虫も

f:id:obaco:20170713212647j:image

コンテナ内に敷かれたベニヤ製床板の隙間に潜んでいたヒアリ環境省提供)

 環境省と東京都は13日、東京港大井ふ頭(東京都品川区)に置かれたコンテナの床下などから、南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」が新たに100匹以上見つかったと発表した。

 卵や幼虫、さなぎも含まれていたという。このコンテナ内からは今月上旬、働きアリが100匹以上見つかっており、12日から同省でさらに詳しく調べていた。

 同省によると、最初のヒアリが見つかった後、殺虫剤で処理したり、殺虫餌を設置したりしてからコンテナを密封。12日になって開封し、ベニヤ製の床板を剥がして調べたところ、もろくなった板の隙間などから、大半が死んだ状態で発見された。

 今のところ、女王アリは確認されていないが、同省は駆除した死骸の中に紛れたとみている。コンテナは、全体をシートで覆って殺虫剤で処理した後、解体処分した。このコンテナは中国から大井ふ頭に到着後、陸路で千葉県君津市に運ばれ、積み荷を降ろして大井ふ頭に戻された。

2017年07月13日 19時59分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

ヒアリ東京港でさらに100匹以上 コンテナで確認

f:id:obaco:20170713173506j:image

合板の隙間に潜むヒアリ環境省提供)

 環境省は13日、東京港大井埠頭(ふとう)(東京都品川区)でヒアリが見つかったコンテナを詳しく調べたところ、さらに100匹以上を確認したと発表した。働きアリのほか、卵や幼虫などもいたが、女王アリは見つかっていないという。
 このコンテナでは、3日に1匹、7日にベニヤ板の床の上で100匹以上の働きアリが見つかっていた。床板をはがすなどして調べたところ、新たに働きアリが約100匹見つかった。探すのが難しい場所に隠れている可能性が残っているため、コンテナ全体をビニールシートで覆って薬剤でいぶす処理をした上で、周辺に毒エサを仕掛けたという。

2017年7月13日17時12分    朝日新聞デジタル