今日のニュース

気になったニュース

筧被告、前回公判「覚えてない」…記憶低下訴え

 京都、大阪、兵庫の3府県で青酸化合物が使われた連続変死事件で、夫と交際男性計4人への殺人、強盗殺人未遂の罪に問われた筧かけひ千佐子被告(70)の第9回公判が12日、京都地裁であり、被告人質問が行われた。

 前回公判で夫・勇夫さん(死亡時75歳)の殺害を認めたことについて、千佐子被告は「私がしたことを粛々と話したが、メモがないので覚えていない」などと記憶力の低下を訴えた。

 被告は10日の前回公判で、弁護側の質問に「(検察側などに)黙秘します」と答えた後、検察側の質問には一転、「毒を飲ませた」などと殺害を認めていた。

 12日の公判では、弁護側が、前回公判で殺害を認めた理由を問うと、被告は「弁護士に黙秘するよう言われたが、検察官には答えなあかんと思いました」と述べた。
2017年07月12日 14時55分    Copyright © The Yomiuri Shimbun