今日のニュース

気になったニュース

中国で売れぬ韓国車…THAAD配備影響し半減

 【北京=鎌田秀男】中国で韓国車が売れなくなっている。

 在韓米軍への最新鋭ミサイル防衛システム「最終段階高高度地域防衛(THAAD)」配備に中国政府が反発し、これに連動して消費者の韓国離れが広がっているからだ。

 今年上半期(1~6月)の韓国系2社の新車販売台数は、前年同期比47%減の計約43万台と、ほぼ半分まで落ち込んだ。特にTHAAD配備が始まった3月以降に販売が急減している。

 聯合ニュースによると、両社は中国市場での販売不振に危機感を募らせ、6月に合同の特別対策チームを発足させたという。

2017年07月12日 14時05分    Copyright © The Yomiuri Shimbun