今日のニュース

気になったニュース

ノーベル平和賞の劉氏「危篤状態」…出国絶望的

f:id:obaco:20170710211652j:image

劉暁波氏(AP)

 【北京=竹内誠一郎】中国で服役中に末期の肝臓がんと診断されたノーベル平和賞受賞者、劉暁波リウシャオボー氏(61)が入院している中国医科大付属第一医院(遼寧省瀋陽市)は10日午後、劉氏が急性腎不全などを起こして危篤状態に陥っていると発表した。

 劉氏の家族は治療のための出国を希望、国外からも要求する声が出ていたが出国は絶望的となった。

 同医院によると、劉氏は血圧が低下し、肝臓の患部が破裂して出血もある。家族らの了解を受け、医療チームが緊急措置を続けているという。劉氏の友人によると、9日深夜に、関係者を通じて劉氏が危篤状態だとの情報が伝わったという。

 中国側の招待で劉氏を診察した米国とドイツの医師は9日、早期の移送を求めていた。両医師が治療に加わっているかどうかは不明だ。
2017年07月10日 19時40分    Copyright © The Yomiuri Shimbun