今日のニュース

気になったニュース

沖ノ島、世界遺産に…除外勧告の4資産も登録

f:id:obaco:20170709204853j:image

沖ノ島。手前は(左から)小屋島、御門柱、天狗岩(8日、福岡県宗像市沖の玄界灘で、読売ヘリから)=尾賀聡撮影

 【クラクフポーランド)=三好益史】クラクフで開催中の国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は9日、日本が推薦した「『神宿る島』宗像むなかた・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県、5か所8構成資産)を世界文化遺産に登録すると決定した。

 沖ノ島宗像大社沖津宮おきつみや、周辺の3岩礁を含む)のほか、ユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)」が除外を勧告した神社や古墳群など4か所4資産も登録が決まった。

 沖ノ島は、4~9世紀に大陸との航海安全などを祈る国家的な祭祀さいしが行われた痕跡を残し、戦後の発掘調査で見つかった金製指輪や青銅鏡など8万点の奉献品が国宝指定され、「海の正倉院」と呼ばれる。
2017年07月09日 19時52分    Copyright © The Yomiuri Shimbun