今日のニュース

気になったニュース

独でG20抗議デモが暴徒化、警官160人負傷

f:id:obaco:20170707235814j:image

7日、ドイツ北部ハンブルクで抗議活動で道路を封鎖していた人々を連行する機動隊員(ロイター)

 【ハンブルク(ドイツ北部)=井口馨、佐藤友紀】主要20か国・地域(G20)首脳会議が開催されているハンブルク市内中心部で6日夜から7日にかけて、首脳会議に反対する抗議デモの参加者の一部が暴徒化し、警察と衝突した。

 独公共放送ZDFによると、これまでに警察官約160人が負傷した。

 ZDFなどによると、デモには世界経済のグローバル化や資本主義に異を唱える人を中心に、極左無政府主義者も加わっている。6日のデモには1万人以上が参加し、警察は催涙ガスも使用した。

 デモは7日も収まらず、一部参加者と警察官の小競り合いも起きている。会場周辺の車への放火や投石なども相次いでいる。

 首脳会議に向け、地元警察は約2万人態勢でデモやテロへの警戒を続けているが、「危険が拡大している」として各地の警察に応援を要請した。

2017年07月07日 23時51分    Copyright © The Yomiuri Shimbun