今日のニュース

気になったニュース

欧米8行の北朝鮮関連資金、米検察当局が差し押さえへ

 【ニューヨーク=大塚節雄】米検察当局が欧米の主要銀行8行に対し、北朝鮮と結びつきの深い企業との取引にかかわる資金差し押さえを進めていることが6日明らかになった。2009年以降、北朝鮮に関連する7億ドル(約800億円)以上の取引を処理していたとみられる。軍事関連の取引が含まれ、資金が核・ミサイル開発に流れていた可能性があるという。

 ロイター通信や複数の米メディアが報じた。ワシントン特別区の裁判所が5月に検察当局に対して令状の申請を許可し、このほど関連書類を公開した。

 北朝鮮が4日に大陸間弾道ミサイルICBM)を発射したことを受け、米国は強硬姿勢に一段と傾いている。今回の措置を含め、核・ミサイル開発にかかわるマネーロンダリング資金洗浄)の根絶に向けた対策をより強める構えだ。

 報道によると、対象の銀行は米国のJPモルガン・チェースシティグループバンク・オブ・アメリカウェルズ・ファーゴバンク・オブ・ニューヨーク・メロンのほか、欧州系のドイツ銀行HSBC、スタンダードチャータード。

 各行は中国を拠点とする貿易会社「丹東至誠金属材料公司」のほか、北朝鮮フロント企業4社と取引をしていた。ロイター通信によると、関連書類などには、各行が故意に制裁逃れをしていたとの記述はない。

2017/7/7 12:23    日経新聞