今日のニュース

気になったニュース

北ミサイル「新たな段階の脅威」…防衛白書原案

 政府の2017年版防衛白書の原案が6日、わかった。

 弾道ミサイルの長射程化や奇襲能力の向上を踏まえ、北朝鮮による核・ミサイル開発は「新たな段階の脅威」だと明記している。16年版白書では「重大かつ差し迫った脅威」としたが、警戒度を引き上げた。

 来月の閣議で報告される見通しだ。

 原案では、北朝鮮が2月12日と5月21日に発射した弾道ミサイルについて「固体燃料を使用した新型」との分析を紹介。北朝鮮で配備される可能性があるとした。固体燃料を使うミサイルは、注入に時間がかかる液体燃料に比べ迅速に発射でき、衛星などで事前に発射の兆候をつかみづらい。
2017年07月07日 09時00分    Copyright © The Yomiuri Shimbun