今日のニュース

気になったニュース

高級魚マツカワの稚魚大量死…生存数例年の1割

f:id:obaco:20170706195946j:image

北海道が誇る幻の高級魚『マツカワ

 北海道栽培漁業振興公社伊達事業所(伊達市)が育てている、高級魚マツカワの稚魚が大量死していることが分かった。

 例年、この時期の生存数は110万~120万匹だが、今年は約10万匹となっている。

 同公社(札幌市)は「例年通り、水温管理や適正な給餌などを徹底しており、原因が思い当たらない」として、研究機関などに調査を依頼した。

 同公社は2006年から毎年8~9月、えりも町から函館市の太平洋沿岸でマツカワの稚魚100万匹を放流しているが、今年は10万匹を下回る見通しだ。

 稚魚は例年、伊達事業所で3月に人工採卵し、6月以降は稚魚の一部を、えりも事業所(えりも町)に移して、両事業所で育成している。これまで、伊達で約60万匹、えりもで約40万匹を確保するようにしてきた。
2017年07月06日 16時42分    Copyright © The Yomiuri Shimbun