今日のニュース

気になったニュース

福岡と大分に大雨特別警報…10人の安否不明

f:id:obaco:20170706094259j:image

増水した川の濁流にのみ込まれる住宅(5日午後7時41分、福岡県朝倉市で)=浦上太介撮影

 活発な梅雨前線の影響で、九州北部などで5日、猛烈な雨が降り、気象庁は、重大な災害の危険が差し迫っているとして、福岡県と大分県に大雨特別警報を出した。

 福岡県や県警によると、同県朝倉市と東峰(とうほう)村で県職員を含む9人の安否が確認できないという。大分県日田市でも男性1人の行方が分かっていない。

 読売新聞の午後10時半現在のまとめでは、福岡、大分両県で計18万6287世帯44万9090人に避難指示が出され、計2753人が公民館などに避難している。両県は自衛隊災害派遣を要請した。

 大雨特別警報は数十年に1度の重大な災害が迫った時に出される。最近では、2015年9月の関東・東北豪雨や昨年10月の台風18号の際にも出された。

2017年07月06日 01時50分    Copyright © The Yomiuri Shimbun