今日のニュース

気になったニュース

大阪港でヒアリ発見、女王アリも初確認 繁殖の可能性も

f:id:obaco:20170704131936j:image

大阪南港で見つかったヒアリの女王アリとみられる個体(環境省提供)

 環境省大阪市などは4日、大阪南港(大阪市住之江区)で、強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」が見つかったと発表した。国内での発見は、兵庫県尼崎市、神戸市、愛知県弥富市に続き4件目。女王アリとみられる個体もいたという。同省によると、女王アリとみられる個体が国内で見つかったのは初めて。
 大阪市によると、環境省が6月30日、同港を調査したところ、香港から来たコンテナ周辺の地面から、ヒアリか、別の毒を持つ外来種アカカミアリの可能性のあるアリをまとまった数で発見。環境省が専門家に依頼して調べたところ、7月3日、一部がヒアリであることがわかった。さらに同日、約50体のヒアリとみられるアリの死骸を回収。女王アリとみられる個体も含まれていた。同省は付近でヒアリが繁殖している可能性もあるとみて、今後、詳しい調査を進める。

f:id:obaco:20170704132233j:image

ヒアリの発見場所

 ヒアリは南米原産。体長は2・5~6ミリ。攻撃性が高く、刺されるとやけどのような激痛が走り、アレルギー反応のアナフィラキシーショックによる死亡例もある。一目で見分けるのは難しく、環境省は「あやしいと思ったら触らず、万一刺されたらすぐ病院へ」と注意を呼びかけている。

■女王アリ確認「不思議ではない」

 大阪港で今回、女王アリとみられる個体も見つかったことについて、熱帯のアリに詳しい兵庫県人と自然の博物館の橋本佳明主任研究員は「ヒアリは集団で移動するため、女王アリがいても不思議ではない」と話す。

 アリの多くの種類は一つの巣に女王アリが1匹いるだけだが、ヒアリの場合は複数匹がほとんど。女王アリは1日千個以上の卵を産み、繁殖力が強い。橋本さんは「まだ港周辺にとどまっている可能性が高く、水際で食い止めなければならない」と話す。

2017年7月4日12時50分    朝日新聞デジタル

 

 

大阪港でもヒアリ、初めて女王アリ?も…繁殖か

f:id:obaco:20170704130324j:image

ヒアリ(環境省提供)

 環境省は4日、大阪市の大阪港で、南米原産の毒アリ「ヒアリ」が約50匹見つかり、国内で初めて女王アリとみられる個体も含まれていたと発表した。

 ヒアリの女王アリは1日に約2000個の卵を産むといわれ、同省は繁殖している可能性も含め詳しく調べている。

 同省によると、同港で荷揚げされ、市内の倉庫に運ばれたコンテナから別の外来種のアカカミアリが見つかったことから、6月30日に同港で緊急調査と殺虫剤による駆除を実施。今月3日になって死んだアリの中からヒアリが見つかった。

 ヒアリは5月下旬以降、兵庫県尼崎市、神戸市の神戸港、愛知県弥富市の名古屋港で見つかっており、これで4例目。

2017年07月04日 11時37分    Copyright © The Yomiuri Shimbun