今日のニュース

気になったニュース

将棋の藤井四段が29連勝…30年ぶり新記録

f:id:obaco:20170627105614j:image

竜王戦本戦1回戦で初手を指す藤井聡太四段(26日午前、東京都渋谷区で)=松本拓也撮影

 将棋の最年少棋士藤井聡太四段(14)は26日、東京・千駄ヶ谷将棋会館で行われた竜王戦読売新聞社主催)の本戦(決勝トーナメント)1回戦で、増田康宏四段(19)と対局。

 午後9時24分、91手で勝利し、昨年12月のデビューから無敗のままで、30年ぶりに公式戦29連勝の新記録を達成した。

 増田四段は昨年の新人王戦で優勝した若手の実力者。現在の将棋界で10代のプロ棋士は、藤井四段と増田四段の2人だけだ。午前10時に始まったこの日の対局は、藤井四段が、得意の終盤で見事な決め手を見せ、勝ちを呼び込んだ。

 藤井四段は愛知県瀬戸市在住。昨年10月、14歳2か月でプロ入りし、加藤一二三ひふみ九段(77)が持っていた史上最年少記録(14歳7か月)を62年ぶりに更新した。非公式戦ながら、第一人者の羽生善治三冠(46)に勝利したことでも話題になった。
2017年06月26日 21時38分    Copyright © The Yomiuri Shimbun