今日のニュース

気になったニュース

動物園のユニーク展示…ハリネズミの代役は

f:id:obaco:20170625091820j:image

 茨城県日立市かみね動物園で、ハリネズミの展示を休んでいる間の代役として、形の似た「たわし」を展示するアイデアが、来園者の間やインターネット上で話題になっている。

 たわしを目当てに来園する人も現れ、発案した飼育員もびっくりしている。

 同園では約2年前から、雌のハリネズミを屋外の箱で展示。夜行性のため、箱に覆いをかけて光を遮り、来園者は覆いをめくって観賞する。暑さや寒さが苦手なハリネズミは、飼育の適温は20~25度とされ、気温や体調の具合で屋外展示が難しい場合、別の場所に移すため箱の中は空になってしまう。

 そこで、飼育員の中本旅人さん(31)は「何か似たものを代わりに置いたら」と、たわしを置くことを思いついた。傍らには「ごめんなさい。ハリネズミはおやすみしています」とお断りも掲げた。

f:id:obaco:20170625091922j:image

ハリネズミの代わりに展示された「たわし」

 当初、来園者は、生き物かと思って見続けたり、たわしと気づいて笑ったりした後、代役と理解したという。その後、たわしが代役をする日があることを知った人が再び来園すると、「今日はハリネズミか、それとも、たわしか」と、覆いをめくるのを楽しむ様子もみられた。

 今春、来園者のツイッターでこの代役が紹介され、インターネットを介して話題になったという。中本さんは、代役が予想外に注目されていることに困惑しながらも、「これがきっかけとなり、大勢の人が動物に関心を持ち、来園してもらえればうれしい」と笑顔を見せている。

2017年06月25日 08時33分    Copyright © The Yomiuri Shimbun