今日のニュース

気になったニュース

粘着わなに毒餌、チラシも 強毒ヒアリ、封じ込めに必死

f:id:obaco:20170624103138j:image

コンテナの移動経路とヒアリの発見場所

 強い毒を持つ外来種のアリ「ヒアリ」が国内で初めてみつかった兵庫県で、環境省や神戸市などが水際で食い止めようと対策に追われている。

 23日午前、神戸市中央区ポートアイランド。コンテナヤードの沿道で、市職員や害虫防除会社の作業員がアリ捕獲用の粘着わなを回収した。5日前に仕掛けたもので、約450個。かかったアリがヒアリなのかを専門家が調べる。

 ヒアリは5月26日、兵庫県尼崎市でコンテナから積み荷を出す際に通関業者が発見し、環境省に通報。今月9日にヒアリと判明した。同省と神戸市は、コンテナが保管されていたポートアイランドのコンテナヤードを調査。16日にアスファルトの亀裂部分で約100匹のアリを見つけ、18日にヒアリと確認した。

 このヤードは住宅地から約1キロ離れ、一般の立ち入りも制限されている。市は封じ込めが可能と判断し、対策本部を置いた。

 18日のうちにポートアイランド内の全戸にあたる約7500戸に注意を呼びかけるチラシを配布。ヤード周辺のほか、外国のコンテナ船が接岸する埠頭(ふとう)などに餌に毒を練り込んだゼリー状のベイト剤計約1万個を置いた。

 ヒアリが中国・広州市の港からの船で運ばれたとみられるため、同じ港からコンテナ船が到着するポートアイランド六甲アイランド(神戸市東灘区)の埠頭にも粘着わなを置いた。

 だが、21日には別の外来種の有毒アリ「アカカミアリ」が新たにポートアイランドにいたことが確認された。市の相談電話には「刺されたらどうすればいいのか」などの問い合わせが22日時点で114件寄せられたという。「似たアリを見つけた」という通報も20件近くあるが、新たなヒアリは確認されていない。

 市職員は2人1組で公園や植え込みなどを「文字通り、しらみつぶしに」(市環境局)目視で確認しており、範囲を居住区域からポートアイランド全域に拡大する。

 22日に現地を調査した国立環境研究所生物・生態系環境研究センターの五箇(ごか)公一室長は「侵入初期の段階で見つけられた。封じ込められるのでは」と期待する一方、「1匹でも新たに見つかれば話は別」。今のような警戒は今年度いっぱい続ける必要があるという。(岩田恵実、西見誠一)

2017年6月24日10時14分    朝日新聞デジタル