今日のニュース

気になったニュース

アップル、「日米韓連合」合流検討…メモリ売却

 「東芝メモリ」の売却を巡って優先交渉先に選ばれた「日米韓連合」に、米アップルが合流する案が浮上していることが23日、わかった。

 アップルはiPhone(アイフォーン)などに多数のメモリーを使っている。東芝メモリに出資すればメモリーを調達しやすくなる可能性があることから、合流を検討しているとみられる。日米韓連合にとっては、参加する各企業の負担が軽減できるメリットがある。

 ただ、日米韓連合は官民ファンドの産業革新機構のほか、米韓の企業も参加している。買収後の利益などを巡り、調整がつかない可能性もある。

2017年06月24日 09時16分    Copyright © The Yomiuri Shimbun