今日のニュース

気になったニュース

処分場で2000万円発見、半分を5人で山分け

 廃棄物処分場で見つかった現金2000万円のうち1000万円を拾得物として届け出ずに盗んだとして、奈良県警は23日、施設のパート従業員の男5人(60~78歳)を窃盗容疑で書類送検した。

 5人は200万円ずつ山分けしていたという。

 発表では、5人は5月24日未明、その数時間前に奈良県御所市の処分場でごみの中から見つかった2000万円のうち1000万円を盗んだ疑い。いずれも容疑を認めているという。

 現金を発見したのは5人のうち60歳の男で、当初は1000万円を自分のかばんに隠したうえで、残りを「見つけた」と報告。5人で山分けしたという。男はその後、1000万円を隠していたことを仲間に告白。これだけを同26日に拾得物として警察に届け出た。だが、大金発見の新聞報道などを見た男が同29日、「おおごとになった」と会社側に真相を打ち明け、発覚した。5人のうち3人が生活費などで計15万円を使っていた。現金は100万円ずつ帯封で巻かれた状態。県警が持ち主を捜している。

2017年06月24日 06時17分    Copyright © The Yomiuri Shimbun