今日のニュース

気になったニュース

拷問は「事実無根」 米大学生死亡で北朝鮮外務省が声明

 【ソウル=山田健一北朝鮮外務省は23日、北朝鮮に拘束されて昏睡(こんすい)状態になり、帰国後に死亡した米国人大学生のオットー・ワームビア氏について「生命指標は正常だった。帰国後1週間もたたずに急死したことは謎だ」とする報道官声明を発表した。同氏が北朝鮮で拷問を受けたため健康状態が悪化したとの見方について「事実無根」と主張した。

 朝鮮中央通信が伝えた。「今回の事件の最大の被害者は我々(北朝鮮)だ」と表明し、同氏の死に対する責任を否定する姿勢を明確にした。ワームビア氏は「国内法に触れた犯罪者だったが、米国の嘆願と(同氏の)健康状態を考慮して、人道的見地から帰国させた」としている。

2017/6/23 18:52    日経新聞