今日のニュース

気になったニュース

日本「牛肉で米に一方的譲歩を」…USTR代表

 【ワシントン=山本貴徳】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は21日、議会上院の財政委員会でトランプ政権の通商政策について証言し、「日本は牛肉などの分野で一方的に譲歩するべきだ。それが貿易赤字を減らす簡単な方法だ」と述べた。

 農産物の輸出拡大に向け、日本に牛肉にかかる関税の引き下げなどを求めていく考えを改めて強調した。

 ライトハイザー氏は、米国が離脱した環太平洋経済連携協定(TPP)に代わる2国間交渉の候補として日本を挙げ、「巨大な市場がある」と説明。対日貿易が多額の赤字となっていることにも不満を示した。ただ、日本が2国間交渉には消極的であることから、日本以外との交渉を優先させる可能性にも言及した。
2017年06月22日 11時07分    Copyright © The Yomiuri Shimbun