今日のニュース

気になったニュース

ロシア、米21州でサイバー攻撃 大統領選に干渉

 【ワシントン=川合智之】米国土安全保障省のジャネット・マンフラ副次官代行は21日、上院情報特別委員会の公聴会でロシアのハッカーが全米50州のうち21州の選挙システムにサイバー攻撃を仕掛けていたことを明らかにした。オバマ前政権は昨年の米大統領選にロシアが干渉したと断定しており、改めて選挙介入の危機を強調した。

 マンフラ氏は「21州の選挙関連システムが狙われた証拠がある」と述べた。投票数が左右された証拠はないという。具体的な州名や手口など詳細は明らかにしなかった。アリゾナ州イリノイ州などは攻撃を受けたことを公表している。

 公聴会では、米連邦捜査局FBI)の当局者も「(ロシアが介入を)続けるのは疑いない」と述べた。バー上院情報特別委員長(共和党)は「2、4年後にはさらに深刻な危機になりうる」と表明した。

 オバマ前政権のジョンソン前国土安全保障長官も同日の下院情報特別委員会の公聴会で「これは現実の脅威だ」と警告した。ジョンソン氏らは昨年10月、大統領選の妨害を狙った民主党全国委員会などへのサイバー攻撃は「ロシア政府が指揮したと確信している」とする異例の非難声明を発表していた。

2017/6/22 9:47    日経新聞