今日のニュース

気になったニュース

将棋の藤井四段、27連勝…歴代1位にあと1勝

f:id:obaco:20170618104219j:image

朝日杯将棋オープン戦予選で藤岡隼太さんを破り、公式戦連勝記録を27に伸ばした藤井聡太四段(右から2人目)(17日午後、大阪市福島区で)=尾賀聡撮影

 将棋界の最年少棋士藤井聡太四段(14)は17日、大阪市関西将棋会館で行われた朝日杯将棋オープン戦予選でアマチュア強豪の藤岡隼太はやたさん(19)に106手で勝利した。

 自身の持つデビュー以来の公式戦連勝記録を「27」に伸ばし、神谷広志八段(56)の持つ歴代1位の連勝記録「28」まであと1勝に迫った。次戦は21日の王将戦予選で、澤田真吾六段(25)と対戦する。

 朝日杯オープンはプロのほかにアマチュア10人が参加するトーナメント戦。1回戦では、アマがプロに挑戦するのが恒例だ。藤井四段と対局した藤岡アマは東大1年の学生名人で、小学6年生から中学2年生まで日本将棋連盟のプロ養成機関・奨励会に在籍した。
2017年06月17日 19時32分    Copyright © The Yomiuri Shimbun