今日のニュース

気になったニュース

コール元ドイツ首相が死去 東西ドイツを統一

f:id:obaco:20170617092201j:image

死去したドイツのコール元首相=AP

 【ベルリン=石川潤】1990年に東西ドイツを統一したヘルムート・コール元ドイツ首相が16日、死去した。87歳だった。ドイツの地元紙が報じた。首相在任中に欧州連合(EU)の基礎となるマーストリヒト条約に調印。名実ともに「欧州のなかのドイツ」を実現した。

 82年の内閣不信任案でシュミット政権を倒し、首相に就いた。89年にベルリンの壁が崩壊すると外交交渉に奔走。北大西洋条約機構NATO)の拡大を警戒するゴルバチョフソ連大統領には経済援助の見返りにドイツ再統一を認めるように迫った。91年には首都をボンからベルリンに移したが、旧東独地区の復興が難航。98年の総選挙で敗れ、首相の座を失った。 コール氏は30年にドイツ西南部のラインラント・プファルツ州に生まれた。カトリックを信仰する保守的な家庭で育った影響で10代でキリスト教民主同盟(CDU)に入党した。

2017/6/17 0:46    日経新聞