今日のニュース

気になったニュース

パンダベビー147グラム…性別は判別できず

f:id:obaco:20170615091811j:image

産後初めて水分を口にするシンシン(13日、東京都台東区上野動物園で)=東京動物園協会提供

 上野動物園(東京都台東区)は14日、ジャイアントパンダの赤ちゃんの身体測定を生後初めて行い、体長14・3センチ、体重147グラムだったと発表した。

 通常のパンダの赤ちゃんと同程度という。

 測定は、同日午前5時20分頃から約20分間、職員が母親の「シンシン」から赤ちゃんを離して実施。その間、シンシンは産室をうろうろしたり、鳴き声を上げたりするなど不安げな様子だったが、赤ちゃんが返されるとすぐに抱いて落ち着きを取り戻したという。

 測定中、赤ちゃんの体の一部を消毒した際、ミルクの成分を含んだ黄色いふんが出たため、授乳していることが初めて確認できた。一方、性別は「必要なケアを優先した」(同園)ため、判別できなかったという。

 同園によると、シンシンは出産後、水や餌を口にしていなかったが、13日午後、水が入った容器を差し出すと、口を突っ込んで一気に飲み干した。同園教育普及課の金子美香子課長は「赤ちゃんを取り上げる際に親が気にしていたので、育児放棄につながらないよう慎重に対応したい」と話した。

2017年06月15日 09時10分    Copyright © The Yomiuri Shimbun