今日のニュース

気になったニュース

長崎新幹線「フリーゲージトレイン導入は困難」

f:id:obaco:20170615093522j:image

 2022年度に開業予定の九州新幹線長崎(西九州)ルートについて、JR九州が、フリーゲージトレイン軌間可変電車、FGT)の導入は困難と判断していることが関係者への取材でわかった。

  FGTは一般の新幹線に比べて2・5~3倍程度のコストがかかると試算されており、収益確保が難しいと判断したとみられる。

 博多―長崎間を結ぶ長崎ルートについては、博多―武雄温泉間は在来線特急を利用し、その先は新幹線に乗り継ぐ「リレー方式」で22年度に暫定開業する予定。幅が異なる在来線と新幹線の線路を走行できるFGTを一部で先行導入し、25年度には全車両をFGTにして全面開業する予定だった。

 しかし、これまでの走行試験で車軸の摩耗が見つかり、コスト高も課題に上がっていた。
2017年06月15日 08時48分    Copyright © The Yomiuri Shimbun