今日のニュース

気になったニュース

英高層住宅火災、「自室待機」指導で被害拡大か

f:id:obaco:20170615091237j:image

14日、ロンドン西部で炎上する高層住宅(午前4時40分ごろ、角谷志保美撮影)

 【ロンドン=角谷志保美】ロンドン西部の高層公営住宅で14日午前1時(日本時間14日午前9時)頃、火災が発生し、建物全体に燃え広がった。

 発生から15時間以上を過ぎても消火活動が続いており、死傷者が多数出ている模様だ。住民らは、「防火扉があるので火事の際には自室で待機するように」との指導を受けていた。これが被害拡大の一因になった可能性がある。

 火災が起きたのは、24階建てで約120世帯が入居できる「グレンフェル・タワー」。1974年に建てられた。ロンドン消防当局によると、14日午前0時54分に最初の通報があり、消防車40台、消防士200人以上が出動して消火に当たっている。

 ロンドン警視庁は同日、「12人の死亡が確認された」と発表した。消防当局によると、70人以上が病院で治療を受けている。火が燃え広がった際、建物には多くの人が取り残されていたとみられ、死傷者数は増える恐れがある。
2017年06月15日 07時08分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

ロンドン高層住宅で火災、12人死亡、なお死者多数か

f:id:obaco:20170615094838j:image

炎上するロンドンの高層マンション(14日)=共同

 【ロンドン=小川知世】ロンドン西部の高層マンションで発生した大規模火災で、ロンドン警視庁は12人の死亡を確認したと発表した。建物内で逃げ遅れた人もいるとみられ、死者数はさらに増える可能性が高い。ロンドンのカーン市長は連絡がつかない住民が多数いることを明らかにした。負傷者は78人で、うち18人が重体という。
 火災が起きたマンションは1974年に建てられた24階建ての「グレンフェル・タワー」。約120室に400~600人が住んでいた。消防当局は火災による倒壊の危険性は低いとみている。日本人が居住しているという届け出はない。

 火災は14日午前1時(日本時間同日午前9時)ごろに起きた。出火原因は不明で、建物内の防火設備が機能しなかった疑いも浮上しているという。未明に発生したことで、就寝中に火災に巻き込まれた住民も多いとみられる。消防が消火活動と行方不明者の捜索を続けている。

 現地メディアは「火災から逃れようとマンションから飛び降りた人もいる」などとする目撃者の証言を報道。窓から布を振って救助を求める人もいたという。

 現場周辺は観光客が集まる「ノッティングヒル」に近く、学校や駅がある住宅街。ロンドン有数の大型ショッピングセンターもある。

2017/6/15 1:44    日経新聞