今日のニュース

気になったニュース

パナマ、中国と新たに国交を樹立…台湾とは断交

f:id:obaco:20170614101016j:image

13日、北京で会談したパナマのサインマロ外相(左)と、中国の王毅外相(ロイター)

 【ブエノスアイレス=田口直樹、台北=牧野田亨】中米パナマのバレラ大統領は12日、中国と新たに国交を樹立し、これまで外交関係があった台湾と断交したと発表した。

 パナマは台湾が外交関係を持つ中南米やアフリカなど21か国の一つだった。台湾を中国の一部とみなす「一つの中国」原則を受け入れない台湾の蔡英文ツァイインウェン政権に対する中国の外交圧力の一環とみられる。昨年12月にはアフリカの島国サントメ・プリンシペが台湾と断交し、中国と国交を結んでいた。

 バレラ氏はテレビ演説で、「我が国にとって正しい道だ」と強調。中国外務省によると王毅ワンイー外相とパナマのサインマロ副大統領兼外相が北京で13日、国交樹立に関する共同声明に署名。その中でパナマ政府は「一つの中国」原則を承認する考えを示した。

 台湾外交部は13日、「我が国との外交関係を一方的にやめ、北京当局と国交を樹立したことに怒りと遺憾を表明する」とパナマの対応を批判する声明を発表した。

2017年06月13日 13時10分  Copyright © The Yomiuri Shimbun