今日のニュース

気になったニュース

欧州で頻発、バスなどへの車両テロ想定し訓練

f:id:obaco:20170613083546j:image

負傷した乗客をバスから救助する訓練に臨む消防署員ら(大阪府堺市美原区で)

 大阪府警黒山署や堺市消防局美原消防署などは12日、同市美原区で、テロリストがタンクローリーを路線バスに衝突させるテロを実行したと想定した訓練を行い、犯人の制圧や負傷者救助の手順などを確認した。

 欧州で、警備の手薄な「ソフトターゲット」を狙い、トラックなどを暴走させて市民を殺傷するテロが頻発しているのを受けて実施した。訓練には近鉄バスの社員らも参加した。

 客を乗せた路線バスとテロリストが乗ったタンクローリーが正面衝突したと想定し、軽傷を負った乗客役をバス後部の脱出口から車外に出させたあと、バス運転手からの連絡を受けた営業所が通報。急行した黒山署員が、刃物を持ったテロリスト役を取り押さえた。

 救急隊員らが、重傷を負った乗客役をバス内から救助し、ケガの程度から治療の優先順位を決めるトリアージを行う訓練にも取り組んだ。

 訓練後、黒山署の北田勝警備課長は「車を使ったテロは日本でも起きる恐れがある。祭りなどで人出が増える夏に向け、関係機関は危機意識を高めておいてほしい」と話した。

2017年06月13日 07時43分    Copyright © The Yomiuri Shimbun