今日のニュース

気になったニュース

パンダ赤ちゃん、経済効果は年267億円の試算

 上野動物園のパンダの赤ちゃん誕生が東京都内にもたらす経済効果について、関西大の宮本勝浩名誉教授(理論経済学)が、年間約267億4736万円に上るとの試算結果を公表した。

 2013年のプロ野球楽天初優勝の経済効果(約230億円)を上回る規模といい、宮本氏は「小さなパンダがそれだけの効果を生み出すのは素晴らしい」としている。

 試算では、予想される入園者の伸び率には、同園でパンダが初めて公開された当時の伸び率47%を用い、日帰りや宿泊を伴う年間の入園者数を約181万人増の約566万人と想定。土産・関連グッズの購入費や飲食、宿泊費などの直接効果を約147億円と見積もり、土産品などの原材料を扱う業者の売り上げ増といった波及効果も加えた。

2017年06月13日 07時37分    Copyright © The Yomiuri Shimbun