今日のニュース

気になったニュース

英保守党、地域政党と閣外協力で大筋合意

メイ首相、政権維持へ多数派工作

f:id:obaco:20170611100832j:image

メイ英首相の政権基盤の不安定さは続く(9日、ロンドン)=ロイター

 【ロンドン=小滝麻理子】英メディアによると、メイ首相の保守党は10日、政権維持のために、北アイルランド保守政党民主統一党DUP)と連携することで大筋合意した。重要法案などで連携する閣外協力となる。保守党はDUPと合わせて過半数勢力をわずかに上回ることになり、メイ氏の続投が可能になるが、政権基盤の不安定さは続く。
 保守党は8日の総選挙で過半数(326)を下回る318に議席が減った。いずれの政党も過半数に達しないハングパーラメント(宙づり議会)となるなか、多数派工作を急いでいた。10議席を持つDUPと連携することで、328議席をおさえることができる。

 BBCなどによると、メイ氏の報道官は10日、保守党とDUPが協力で大筋合意し、「欧州連合(EU)離脱交渉を乗り切る安定性をもたらすことができる」と述べた。DUPが閣僚の一角を占める連立政権ではなく、保守党は少数与党政権を発足し、重要法案や予算などでDUPと連携する形だ。12日の閣議で詳細を議論し、来週中に新たな枠組みを最終決定する。

 英議会は19日に再開し、エリザベス女王が新政権の施政方針演説を行う予定。DUPが施政方針演説の支持に回れば、メイ氏の続投が確実になる。一方、メイ氏は10日、ドイツのメルケル首相と電話し、予定通りEU離脱の交渉を始めると伝えた。19日にも離脱交渉は始まるとされている。

 EU単一市場からの撤退など強硬離脱(ハードブレグジット)を掲げる保守党に対して、DUPはEUとの自由な貿易の維持など比較的穏健な離脱を主張しており、両者は政策の違いも小さくない。DUP同性婚に反対していることに対して、保守党の一部で反発も強い。メイ氏は今後離脱交渉や重要法案を進める上で、DUPに配慮しなければならず、政権基盤は依然不安定だ。

2017/6/11 7:01    日経新聞