今日のニュース

気になったニュース

トランプ氏、コミー前長官証言を否定 近く告訴へ

f:id:obaco:20170610112753j:image

ホワイトハウスで、ルーマニアのヨハニス大統領と共同記者会見をするトランプ大統領(右)=9日、ワシントン、ランハム裕子撮影

 トランプ米大統領は9日、連邦捜査局FBI)のコミー前長官が議会の公聴会で、トランプ氏から捜査の中止を求められたと証言したことについて、「言っていない」と否定した。一方、米メディアは、トランプ氏の弁護士が、トランプ氏との会話のメモを知人に漏らしたコミー氏を近く告訴すると報じた。

 トランプ氏は、ルーマニアのヨハニス大統領とのホワイトハウスでの共同記者会見で、「コミー氏が言ったいくつかのことは真実ではない」と強調。コミー氏は、ロシアとの不適切な関係から解任されたフリン前大統領補佐官の捜査ついて、トランプ氏が「この件はやり過ごして欲しい」と求めたと証言したが、トランプ氏は否定。「たとえ言ったとしても何も悪くない」と主張した。

 トランプ氏がコミー氏に「忠誠」を求めたという証言についても、「私は彼をほとんど知らないのに、『忠誠を誓って欲しい』と言わない」と反論した。

 トランプ氏は、うその証言をすれば、偽証罪に問われる可能性がある議会でも同じことを語る用意があるかと問われると、「100%だ」と自信を見せた。

 一方で、昨年の大統領選にロシアが介入した問題で、トランプ氏が捜査対象でないことをコミー氏が明言したことについては、「正直言って、とてもハッピーだ。私が言っていた多くのことを裏付けた」と自身の潔白を改めて訴えた。

 コミー氏は公聴会でトランプ氏との会話のメモを知人に渡したと明らかにしたが、トランプ氏はこれについてコミー氏を「情報漏洩(ろうえい)者」と批判した。米紙ニューヨーク・タイムズによると、トランプ氏の弁護士が来週にも、コミー氏の告訴を検討しているという。

 また、トランプ氏は5月にコミー氏を解任した後、自身のツイッターで「コミーは報道機関に情報を漏らすのを始める前に、我々の会話の録音テープがないと願えばいいさ!」と牽制(けんせい)した。記者会見ではテープの存在を聞かれたが、トランプ氏は「近いうちに話す」と明言を避けた。(ワシントン=土佐茂生)

2017年6月10日11時15分    朝日新聞デジタル