今日のニュース

気になったニュース

「明るい家庭だと…」近所に衝撃 妻殺害容疑の警察官

f:id:obaco:20170608230408j:image

母子3人が殺害された住宅は、ブルーシートに覆われていた=8日午後7時48分、福岡県小郡市、長沢幹城撮影

 福岡県小郡市の住宅で母子3人が死亡しているのが見つかった事件。県警は8日、このうち妻を殺害したとして県警巡査部長の中田充容疑者(38)を殺人容疑で逮捕した。警察官である中田容疑者が逮捕されるという展開に、一家を知る人たちは衝撃を受け、驚きをあらわにした。
 「明るい家庭のイメージ。ちょっと考えられない」。一家と日ごろから交流があった防犯指導員の男性(79)は、中田容疑者の逮捕を知り、そう話した。

 最近も、長女実優さん(6)に自転車の乗り方を教えている中田容疑者を見かけたという。「真面目そうな人。自宅を訪れた時はにこやかに応じ、世間話もした」

 4人家族の一家は2年前に県内の別の市から転居してきた。男性は中田容疑者が警察官だと聞き、「安全安心の面から、いい人が来てくれた」と感じた。事件後は現場の住宅に向け手を合わせているという。

 隣のマンションに住む30代の女性は、母子3人が遺体で見つかる前日の5日夕、中田容疑者の後ろを実優さんが笑い声を上げながら自転車で付いていく様子を見た。「いつも子どもを見守る、いいお父さんのイメージがあった」と話す。

 近くに住む女性(82)は中田容疑者について、「地域の防災イベントで話したことがある。優しい感じの人だった」と驚いた。

 小郡市加地良光(りょうこう)市長は、県警が中田容疑者の逮捕状を請求したと報じられた8日夕、「大変、驚くとともにショックを受けている。市としても学校や地域に動揺が広がらないよう対応していく」とのコメントを出した。

 市教育委員会は8日、2人が通う小学校でカウンセリングをすべきかどうか確認する必要があると判断した児童90人に対し、スクールカウンセラーによる面談を始めた。(一條優太、窪小谷菜月、遠山武)

2017年6月8日21時54分    朝日新聞デジタル

 

 

<福岡母子3人殺害>一転他殺 なぜ事件の筋読み、ぶれたか

f:id:obaco:20170608233154j:image

警察の捜査が続く母子3人が殺害された住宅=福岡県小郡市で2017年6月8日午後4時48分、本社ヘリから野田武撮影

 福岡県小郡市の民家で母子3人の遺体が見つかった事件で県警は当初、無理心中の疑いがあるとみて捜査を始めた。その後、母親の首の骨にひびが見つかるなどして他殺の疑いが高まり、一転して殺人事件と断定するなど捜査は迷走した。

 県警が「変死容疑事案の発生」として、中田由紀子さん(38)ら母子3人の死亡を広報したのは6日午後1時半。由紀子さんの自宅を訪れた姉が3人の遺体を見つけて既に約4時間が経過していた。

 その際、県警捜査1課と小郡署は報道陣の取材に「由紀子さんによる無理心中の可能性がある」と説明していた。しかし、6日深夜~翌7日未明に司法解剖の結果が明らかになり、由紀子さんの首に絞められた形跡があることが判明した。

 これを受け県警は7日午前3時、小郡署に捜査本部を設置したと公表。これまでの「無理心中」との見通しを「殺人事件」と軌道修正した。3人の遺体が発見されてから約18時間後のことだった。

 なぜ事件の“筋読み”がぶれたのか。捜査1課によると、由紀子さんに目立った外傷はなかった上に、逮捕された夫の中田充(みつる)容疑者(38)が「妻は育児に悩んでいた」と説明。さらに由紀子さんの遺体の近くには練炭のようなものが置かれていた。捜査幹部は「他殺だとすぐに分かる現場ではなかった。取材には無理心中と殺人の両方の見通しを説明したつもりだ」と話す。

 ジャーナリストの大谷昭宏さんは「初動で見込み違いがあったことは間違いない。『警察官がまさか』という思いが目を曇らせたのではないか。もし第三者が関与していれば初動のミスが捜査の大きな遅れにつながるはずだ」と指摘した。【吉住遊、中村敦茂】

6/8(木) 21:35    毎日新聞